FC2ブログ

スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

ibex アイベックス

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
ibex メリノウールの特徴
<保温性>
・ウールは優れたインシュレーターです。
・体温いよる暖かい空気はその多面繊維の表面に閉じ込められます。
・グースダウンなどのように濡れて保温性能が機能しなくなる事はありません。ウールは雨などのコンディションでも保温性を維持します。
・一本の繊維が折れるまで2万回以上もの曲げに耐えられる程、素晴らしいクッション性と秀でた耐久性があります。
<柔軟性>
・メリノウールの超極細繊維は大変柔らかいのでちくちくする不快感が一切ありません。
・さらにibex社では、繊維の刺処理を繊維に害を与えない範囲で行っています。それはウール繊維自体をなるべく天然に近い状態に保つことで、その柔らかさ、ウェザープロテクション、防臭抗菌効果などウールの持つ様々な特性を最大限に生かすことであると認識しているからです。
<保涼性>
・ウール衣料は体から発散された汗を外側に逃がし蒸発させる性質があります。暑い時期には涼しく感じます。
・ウール自体、除湿効果が高いので、文字通りあなたの衣料の内側の水分を外側に発散させます。
<イージー・ケア>
・ウール繊維に含まれるラノリン(羊毛脂)により汚れやシミが付きにくい性質があります。
・ほとんどのibexs製品は、選択洗浄が可能です。
・メリノウールの持つ優れた吸収性により特にスチームを施した後非常に取り扱いに優れた繊維です。
<保乾性>
・体内から発散された水分はウール繊維の核に吸い込まれ、ウールの持つ天性の透湿性で外側に発散されます。
・ウール繊維の核に水分が吸い込まれる事でウールと肌の間にドライなレイヤーを作り出します。
<天然のストレッチ性>
・ウール独自の縮れによる、様々な動きに無理無く対応出来ます。
・ストレッチはしますが、ゆるんだり、たるんだりしません。ウール繊維は長年の使用にも耐え、形状維持しますのでライクラ繊維などの添加物をくわえる必要がありません。
<ノイズレス>
・ウールはノイズレスな素材ですのでフライフッシングなどの静寂性を要するスポーツに最適です。
・ウールには多くの化学繊維素材におこるカサカサ音がまったくありません。
<天然性と再生産性>
・ウールは丈夫でしかもリサイクル可能でかつ生分解性の繊維です。
・放し飼い飼育システムは動物にも環境にもやさしいシステムです。
<抗菌防臭性>
・ウールは天然の抗菌性を持っていますので、悪臭の元となるバクテリアが繊維の中に居座れないのです。
・バックカントリートリップや長期間の旅行で着続けても周囲に汗臭を気遣うことがありません。
<天然の耐火性>
・ウールはもともと耐火性があり自己消化性があります。すなわち火がついたとしてもしばらくすると消えてしまうのです。
・引火しても化学繊維のように溶けたり有毒ガスを発しないので、燃性が安全項目とされる多くの場所で利用されています。
「ibex アイベックス」を見た方はこれらも見ています。
ibex アイベックス Ms ウーリーズ150 ボトム ブラック
PEAKS (ピークス) 2010年 12月号 [雑誌]
HILLEBERG ヒルバーグ ナロ2パーソン
KAVU ウォッチバンドアソート
ibex アイベックス Ws ウーリーズ150 ジップTネックストライプ ブラック/Mヘザーグレーストライプ
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

コメントの投稿

非公開コメント

Booking.com
ibex
最新記事
カテゴリ
Inov8
RSSリンクの表示
リンク
ベスト10
白馬三山
白馬三山
燕岳
常念岳~燕岳縦走
南八ヶ岳縦走
南八ヶ岳縦走
雲ノ平
雲ノ平縦走
槍ヶ岳
槍ヶ岳
天狗岳
天狗岳
穂高岳
穂高岳
屋久島
屋久島
直島
直島
尾瀬
尾瀬
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。