FC2ブログ

スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

道に迷う 南アルプス縦走<5日目> | 静岡県山梨県

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
南アルプス縦走<5日目>

荒川前岳
  |
高山裏避難小屋
  |
板屋岳
  |
小河内岳
  |
烏帽子岳
  |
◆ 道に迷う
  |
三伏峠小屋

道に迷う


山を歩いているとよく道に迷う。解り難い登山道で迷うと言うよりは、解り易い登山道で迷う事の方が多い。解り難い道は慎重になるが、解り易い道は間違いに気がつかず間違った道を進んでしまう。しばらく進むと様子がおかしい事に気がつくがどこで間違ったかが解らない。戻ってみると右と出ているところを何故か左に行っていたり、踏み後が左の方がはっきりとしているのに真っすぐ進んでしまったりする事が多い。迷ったら戻る、これが基本だが、結構めんどくさいと思ってしまう。駄目だ。


烏帽子岳からガスが立ちこめる
烏帽子岳からガスが立ちこめ、やや薄明かりな稜線をてくてくと、

稜線を歩く
しばらく歩くと、

標識が折れている
分岐へ。ここで道を間違えた。
三伏峠へ向かうので当然右なのだが、
ちょうど真ん中で折れ、左が三伏峠と勘違い。

良い道
さらに左側の方がはっきりとした良い道。。

行き止まり
げぇ、行き止まり。

前方は垂直な崖。何故か薄ら踏み後有り。
右はハイマツが生い茂り歩けそうにない。しかし何故かやや踏み後有り。
迷っているという認識が無く、崖かハイマツかの選択肢しか頭ノ中に無い状態。。

崖を下ると登れなそうなので、一旦ハイマツの中へ。
心細い踏み後を慎重に慎重に進み、
南アルプスって怖い道だと勝手な解釈。そして、、、

登山道が見える
登山道が見え、道を間違っている事に気がつく、、
良かった。

三伏峠周辺の崩壊場所
三伏峠周辺は斜面が崩壊し危険な状態の所が多く、
本当に良かったと改めて感じる。

崩壊
こんな感じに、崩壊状態。

お花畑
危険を乗り越えた後は、お花畑。

森
そして森。

塩見岳
塩見岳への分岐を通過し、

三伏峠
なんとか無事に三伏峠到着です。

南アルプス縦走<5日目>
荒川前岳高山裏避難小屋板屋岳小河内岳烏帽子岳| 道に迷う| 山伏峠小屋




「道に迷う 南アルプス縦走<5日目> | 静岡県山梨県」を見た方はこれらも見ています。
富士山 御殿場口 絶景 | 静岡県御殿場市
小河内岳 南アルプス縦走<5日目> | 静岡県山梨県
イザルヶ岳 南アルプス縦走<2日目> | 静岡県山梨県
お花畑 南アルプス縦走<4日目> | 静岡県山梨県
千枚岳 南アルプス縦走<4日目> | 静岡県山梨県
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

コメントの投稿

非公開コメント

Booking.com
ibex
最新記事
カテゴリ
Inov8
RSSリンクの表示
リンク
ベスト10
白馬三山
白馬三山
燕岳
常念岳~燕岳縦走
南八ヶ岳縦走
南八ヶ岳縦走
雲ノ平
雲ノ平縦走
槍ヶ岳
槍ヶ岳
天狗岳
天狗岳
穂高岳
穂高岳
屋久島
屋久島
直島
直島
尾瀬
尾瀬
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。