スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

千枚岳 南アルプス縦走<4日目> | 静岡県山梨県

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
南アルプス縦走<4日目>

百間平
  |
赤石岳馬ノ背
  |
赤石岳
  |
大聖寺平
  |
荒川中岳
  |
悪沢岳
  |
お花畑
  |
◆ 千枚岳

千枚岳


荒川岳の東に位置する千枚岳は岩場のヤセ尾根の先にある。千枚岳直下には千枚小屋があり二軒小屋ロッヂから登ってきた時に宿泊するのにちょうど良い小屋だ。千枚岳に到着した時はガスで視界が悪くすぐに中岳避難小屋へ戻ったが、戻る途中に少しづつガスがはれ、ステキな景色が眺められて。
赤石岳からもそうであったように荒川岳から見える富士山もいつもとは異なっていた。そうそう中岳避難小屋のトイレの話し、トイレからは富士山が一望できる最高のトイレでした。。


岩場のヤセ尾根
岩場のヤセ尾根を、

よじ登る
手をついてよじ登り、

もうすぐ千枚岳山頂
千枚岳山頂がすぐそこに、

千枚岳
千枚岳山頂に到着した事には辺り一面ガスの中。
何も望めず。

荒川三山へ
あっちへ行けば千枚小屋、こっちへ行けば荒川三山。
で、トムは荒川三山へ戻ります。しかも早速。

ヤセ尾根を下る
ヤセ尾根を下り、

お花畑
お花畑を通過し、

丸山
丸山に向けだだっ広い大地を歩き、

悪沢岳を望む
悪沢岳に向けて一本の筋を歩き、

岩場
悪沢岳の岩場を通過し、

阿久沢だけ山頂
悪沢岳へ。

荒川中岳
悪沢岳から下り、前に見える荒川中岳へ向け、

コル
更に下り、

中岳避難小屋
また登る。果てしなく、果てしなく登る。
そんな気持ち。11時間も歩けばね。。

富士山
中岳避難小屋に戻り、ビールを飲んで一息。
やっぱり本日の富士山は違う。
中岳避難小屋のご主人曰く、富士山の地表の色が見えるのは珍しいことだと、

中岳避難小屋からの夕日
中岳避難小屋は2名。ご主人いれて3名。
気持ちの良い空気が辺りをつつみ、静かに夜が更けていきました。

南アルプス縦走<4日目>
百間平赤石岳馬ノ背赤石岳大聖寺平荒川中岳悪沢岳お花畑| 千枚岳|




「千枚岳 南アルプス縦走<4日目> | 静岡県山梨県」を見た方はこれらも見ています。
百間洞山の家 南アルプス縦走<3日目> | 静岡県山梨県
富士山 御殿場口 七合目 | 静岡県御殿場市
烏帽子岳 南アルプス縦走<5日目> | 静岡県山梨県
ウソッコ小屋 南アルプス縦走<1日目> | 静岡県山梨県
高山裏避難小屋 南アルプス縦走<5日目> | 静岡県山梨県
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

コメントの投稿

非公開コメント

Booking.com
ibex
最新記事
カテゴリ
Inov8
RSSリンクの表示
リンク
ベスト10
白馬三山
白馬三山
燕岳
常念岳~燕岳縦走
南八ヶ岳縦走
南八ヶ岳縦走
雲ノ平
雲ノ平縦走
槍ヶ岳
槍ヶ岳
天狗岳
天狗岳
穂高岳
穂高岳
屋久島
屋久島
直島
直島
尾瀬
尾瀬
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。