FC2ブログ

兎岳 南アルプス縦走<3日目> | 静岡県山梨県

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
南アルプス縦走<3日目>

前聖岳
  |
聖岳
  |
◆ 兎岳
  |
中盛丸山
  |
大沢岳
  |
百間洞山の家

兎岳


聖岳から兎岳への道はV字。聖岳の3013mから急激に約500m下り、兎岳2818mへ急激に約300m登りは修行そのもの。ちょっとした日帰り登山並。。道もガレ場やザレ場や岩場などの荒れた道。ただ南アルプスは3000mクラスの山頂から3000mクラスの山頂へ行くには必ずと言っていいほど樹林帯2400m程度までは下される。これが南アルプスの山は大きいと言われる由縁かな。


百間洞山の家
遠くの谷間に見える本日の宿泊地、百間洞山の家を目指します。
ちなみに「ひゃっけんぼらやまのいえ」と読むそうです。

兎岳へ向けて下る
その為には、向こう側に見える兎岳へ向け、急な斜面を500m程下り、
急な斜面を300m程登ります。。。

聖兎のコルまでの下り
聖兎のコルまではザレ場、岩場で足場が悪い。

兎岳への斜面
かなり下ったところで前方を見れば、
またこの斜面を登るのかと思うと気が遠くなる。。。

聖兎のコル
なんとか聖兎のコルに到着。

樹林帯の登り
聖兎のコルを過ぎると、まずは樹林帯の登り。

樹林帯
樹林帯から、

岩場
岩場へ。岩場を登りきると、

兎岳避難小屋
兎岳避難小屋。かなりワイルドな作り。

兎岳避難小屋を登る
兎岳避難小屋からさらに登り、

兎岳に到着
兎岳に到着です。

ハイマツ帯
兎岳の三角点は少し離れたハイマツ帯の中に、

兎岳の三角点
三角点まできましたが、ハイマツ半端無しでした。
行かれる方は覚悟をしてください。

南アルプス縦走<3日目>
前聖岳聖岳| 兎岳| 中盛丸山大沢岳百間洞山の家




「兎岳 南アルプス縦走<3日目> | 静岡県山梨県」を見た方はこれらも見ています。
赤石岳 南アルプス縦走<4日目> | 静岡県山梨県
中盛丸山 南アルプス縦走<3日目> | 静岡県山梨県
烏帽子岳 南アルプス縦走<5日目> | 静岡県山梨県
聖平小屋 南アルプス縦走<2日目> | 静岡県山梨県
南アルプス縦走 | 静岡県山梨県
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

コメントの投稿

非公開コメント

Booking.com
ibex
最新記事
カテゴリ
Inov8
RSSリンクの表示
リンク
ベスト10
白馬三山
白馬三山
燕岳
常念岳~燕岳縦走
南八ヶ岳縦走
南八ヶ岳縦走
雲ノ平
雲ノ平縦走
槍ヶ岳
槍ヶ岳
天狗岳
天狗岳
穂高岳
穂高岳
屋久島
屋久島
直島
直島
尾瀬
尾瀬