スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

inov8 GRIPROC 325 (イノヴェイト グリップロック 325)レビュー

    このエントリーをはてなブックマークに追加   

inov8 GRIPROC 325 (イノヴェイト グリップロック 325)




グリップロック 325
inov8(イノヴェイト)はイギリスのトレイルランニングシューズ専門のメーカで2003年に誕生した、新しいシューズメーカ。
モントレイルやスポルティバなどに代表されるトレイルランニング用の靴は最近増々スポーティになり、落ち着いた雰囲気(登山靴で言えばダナーやゴローなど、スニーカーで言えばニューバランスの1300とかかコンバースのオールスターなど)の靴が好きな人にはちょっと躊躇するラインナップ。
inov8(イノヴェイト)にも派手でスポーティなラインナップもありますが、落ち着いた雰囲気の靴もあり以前から気になっていました。しかしinov8(イノヴェイト)を扱っている店舗は都内には神保町のさかいやスポーツ、池袋のひだまり山荘など数店舗しかなく、かつ種類が少ない、どちらかと言えば派手でスポーティなラインナップが置いてある。

GRIPROC 325
靴の場合実際に試着してみないとサイズ感などがつかめずネット通販で購入というのはやや躊躇していたものの、今シーズン愛用していたスポルティバのラプターが遂に壊れた為、また同じスポルティバのラプターを購入しようかと考えたものの、inov8(イノヴェイト)がきになり、いを決してネット通販で購入。
inov8 GRIPROC 325(イノヴェイト グリップロック 325)はどうやら今シーズンで廃盤?らしく、品揃えかつ格安に販売をしているイギリスのバイクパーツオンラインショップでは既に在庫切れで、国内のセレクトショップからネット通販で購入してみました。

inov8
街履きのスニーカーは26.5cm、USサイズなら8.5、UKサイズなら8を履いていますが、山登りの場合、下山時につま先が靴に当たるのが嫌ので1サイズ大きめ、つまり27.0cmを履くようにしています。勿論メーカによってcmの表記と実際の履いた感は別物ですが。
で、inov8の靴のサイズ感をネットで調べていたらどうやら幅広でやや大きいとの情報があったので、26.5cmを注文。注文から2日後に届きました!

イノヴェイト
早速、GRIPROC 325(グリップロック 325)を履いてみました。やはり幅広でした。トムの足は幅狭なので、26.5cmが大きく感じられ1cmほど大き感じを受けました。もうワンサイズ下でも良かったのかもしれない?という微妙なサイズ感。実際ワンサイズ下を履くと窮屈になる可能せもあります。
つま先から紐で縛ることが出来るので、横幅はかなり調整可能です。ただし、靴の形がやや壊れた感じになるのと、紐が余ってしまうというのが問題。。

さて、落ち着いた雰囲気をもつGRIPROC 325(グリップロック 325)は街履きでも可笑しく無さそうなので山登りへ行く前に会社に履いて行きましたが問題なし。大きさもそんなに気にはなりませんでした。
また後日、山登り時での感想を書きます。

実際にグリップロック 325を履いて八幡平や八甲田山、八ヶ岳のにゅうなどへ7kg程度の荷物を背負って行ってきました。最大の特徴はやはりグリップ力。岩場での安定感は抜群。岩場が多少濡れていても吸い付く様なグリップ力は安心。またつま先まで紐で縛る事が出来るので、急斜面を下るとき全体をきつめに縛っておけば爪が靴にあたり黒くなる事を防止する事も出来る。今のところ不満な点は無しです。

ところでwiggleですが、ネットショップはイギリスにありますが日本語対応かつ日本円で購入することが出来き、海外メーカの物は日本での販売価格の半額で購入でき、返品にも対応してくれるのでよく利用しています。
しかもwiggleはイギリスから商品を送るのに送料が無料(2012/10現在)、在庫がある場合注文から10日以内に届く感じです。もっと早く届けて欲しい場合は有料で対応してくれます。
トレッキング、ハイキング、トレイルランニング、サイクリング、ランニングなどをされている方ならきっと気に入ると思います。





「inov8 GRIPROC 325 (イノヴェイト グリップロック 325)レビュー」を見た方はこれらも見ています。
レビュー:パタゴニア メンズウルトラライトダウンフーディ(Patagonia Men's Ultralight Down Hoody)
LOCUS GEAR Khufu Tyvek(ローカスギア クフ・タイベック)レビュー
レビュー:山と道サコッシュ&山と道U.L.Pad15L
トレッキングブーツ
テント・マットレス
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

コメントの投稿

非公開コメント

inov8 GRIPROC 325について

いつも楽しく閲覧させていただいています。
inov8 GRIPROC 325、かっこいいですね!
購入は、国内セレクトショップの通販とのことですが、どちらのショップでしょうか?
可能であれば教えてください。
よろしくお願いします。

Re: inov8 GRIPROC 325について

こうじ様、コメントありがとうございます。
inov8 GRIPROC 325は兵庫県尼崎市のred triangleで購入しました。
今調べてみましたが、在庫がなくなっているようです。
http://redtriangle.jp/products/detail.php?product_id=63
お力になれず申し訳ございません。

わさわざ在庫まで調べていただきありがとうございます!
感謝申しあげます。
Booking.com
ibex
最新記事
カテゴリ
Inov8
RSSリンクの表示
リンク
ベスト10
白馬三山
白馬三山
燕岳
常念岳~燕岳縦走
南八ヶ岳縦走
南八ヶ岳縦走
雲ノ平
雲ノ平縦走
槍ヶ岳
槍ヶ岳
天狗岳
天狗岳
穂高岳
穂高岳
屋久島
屋久島
直島
直島
尾瀬
尾瀬
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。