スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

HILLEBERG ヒルバーグ ルーガン グリーン

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
ギアオンライン > エイアンドエフ(A&F) > HILLEBERG ヒルバーグ > テント > HILLEBERG ヒルバーグ ルーガン グリーン
厚いグローブをしたまま、1人で暗闇の中、強風に見舞われた最悪な状況の中でも簡単に設営できるテントであるHILLEBERGテント。故に、道具好きにはたまらないヒルバーグのテント。決して軽くなくどちらかと言えば重いがそれでも担いで山のテント場まで持っていきたくなる格好良さと安心感は軽さと言うメリットを省いても持っていくに値する、男気なヒルバーグのテント。春夏秋の旅路でどんな天候下でも対応できる素晴らしい3シーズンテント。ルーガンはアラックの安定性と広々とした居住空間のデザインを元に造られた、春夏秋の旅路でどんな天候下でも対応できる素晴らしい3シーズンテントです。9mmポールと10kgという高い引裂強度を誇るHillebergの新しいケルロン1000アウターテント生地を使用し、風雨にされされた場所での使用にその強度と安定性を発揮。自立式なのでペグダウンが困難な状況での使用にも適しています。2人での使用時も広々とした居住空間と、テントに備わった2つのエントランスと前室により、ギアや靴などの荷物も無理なく保管でき、様々な用途に使え、快適性も抜群です。加えて、ルーガンはベースになったアラックよりも約35%軽量化されています。過酷な天候下での使用を念頭にデザインされた、ルーガンは晴天はもちろん、強風時、豪雨などの悪天候でも使用できる真の3シーズンテントとして、山岳シーンでの3シーズンに対応するよう造られています。様々な天候下での空気の流れを良くする為に、アウターテントが地に付かない様になっています。さらにその隙間を補う為に、風呂桶の様に高い位置までフロア生地が覆っています。テントのベースになる型を作る2本の長いポールと天井部分を広くして安定性を持たせる短いポールを使用する精巧なポールシステムを採用しています。この上部に設けた短いポールと2本の長いポールが入るポールスリーブのデザインにより、テントの固定がとても簡単で、非常に高い安定性を生みます。インナーテントは空気を通し、高い通気性と撥水性を持っており、メッシュインナーテントの入り口部分も非常に大きく、アウターテントの入り口も大きく開く事が出来、最高の通気が出来ます。しかも前室入り口はサイドにロールアップする事が出来るので空気の流れをさらに良くできます。
「HILLEBERG ヒルバーグ ルーガン グリーン」を見た方はこれらも見ています。
スポルティバ トレイルランニングシューズ
ibex アイベックス Ws バランスサポートブラ シェル
LA SPORTIVA トランゴトレックマイクロエボ Trango Trek Micro EVO GTX Woman
HILLEBERG ヒルバーグ アンヤン2専用メッシュインナーテント
グラナイトギア クラウンVC60Ki(CROWN V.C. 60 Ki)
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

コメントの投稿

非公開コメント

Booking.com
ibex
最新記事
カテゴリ
Inov8
RSSリンクの表示
リンク
ベスト10
白馬三山
白馬三山
燕岳
常念岳~燕岳縦走
南八ヶ岳縦走
南八ヶ岳縦走
雲ノ平
雲ノ平縦走
槍ヶ岳
槍ヶ岳
天狗岳
天狗岳
穂高岳
穂高岳
屋久島
屋久島
直島
直島
尾瀬
尾瀬
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。