スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

HILLEBERG ヒルバーグ アンヤン2 グリーン

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
ギアオンライン > エイアンドエフ(A&F) > HILLEBERG ヒルバーグ > テント > HILLEBERG ヒルバーグ アンヤン2 グリーン
厚いグローブをしたまま、1人で暗闇の中、強風に見舞われた最悪な状況の中でも簡単に設営できるテントであるHILLEBERGテント。故に、道具好きにはたまらないヒルバーグのテント。決して軽くなくどちらかと言えば重いがそれでも担いで山のテント場まで持っていきたくなる格好良さと安心感は軽さと言うメリットを省いても持っていくに値する、男気なヒルバーグのテント。森林限界線より高い場所や風雨にされされた場所でも使用できる3シーズンテント。アンヤンはNalloモデルをベースにデザインされ、森林限界線より高い場所や風雨にされされた場所でも使用できる3シーズンテントです。Nalloモデルの重量よりも約20%軽量化されています。アンヤンでは多くのHillebergテントで採用している9mmポールを使用しています。ALL SEASONテントと違う点は、アウターテント生地にケルロン1000を使用している部分です。ケルロン生地に新しく加わったこのケルロン1000 はその他のケルロン生地と比較すると非常に軽く10kgの引裂強度と驚くほど強い性質を持っており、現在市場に出ている4シーズン用と謳っているテントと同様、またはそれ以上の強度を誇ります。また、アンヤンは単なる夏用のテントとは異なり、主に高木限界線以上の標高で暖く穏やかな天候が急に寒く風雨が厳しくなってしまう様な天候の変わりやすいことで有名なスカンジナビア北部の春、夏、秋の使用を重点に置きそう言った気候に対応できるように設計されています。アンヤンのアウターテントは地面すれすれまで届き、十分な通気が出来るよう必要なスペースだけを残しており、急な天候変化による雨や雪に耐えうる構造になっいます。インナーテントのフロア部分も湯船の様になっており、アウターテントと地面の間に空いたスペースを補います。さらに、独自のポールスリーブデザインにより、アウターテントが風の向きに応じてその面を地面に近づける事が可能です。アウターテントの前後はロールして開けることが可能なので、天気の良い日などには通気機能を最大限に生かすことが出来ます。インナーテントには私たちのインナーテント生地が組み合わせてあり、空気を通し、通気性もあり、高い防水性を持っており、メッシュのエリアも広くなっています。この構造により結露症状を最小限に抑え様々な天候下で高い通気性を保ちます。
「HILLEBERG ヒルバーグ アンヤン2 グリーン」を見た方はこれらも見ています。
LA SPORTIVA トランゴSエボ Trango S EVO GTX
トラベルトムのギアオンライン
ibex アイベックス ユーロローデンキャップ フィールドヘザー
Adirondack アディロンバッグ300 レッドーオレンジ
HILLEBERG ヒルバーグ ポールホルダーキット スタイカ、アラック専用
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

コメントの投稿

非公開コメント

Booking.com
ibex
最新記事
カテゴリ
Inov8
RSSリンクの表示
リンク
ベスト10
白馬三山
白馬三山
燕岳
常念岳~燕岳縦走
南八ヶ岳縦走
南八ヶ岳縦走
雲ノ平
雲ノ平縦走
槍ヶ岳
槍ヶ岳
天狗岳
天狗岳
穂高岳
穂高岳
屋久島
屋久島
直島
直島
尾瀬
尾瀬
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。