スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

レビュー:山と高原地図 iPhone版

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
その他

山と高原地図 iPhone版




山と高原地図 iPhone版
登山時に最近重宝しているのが、iPhone版 山と高原地図。これまで紙の地図を持ち歩いていたが現在地を正確に特定出来るほど技術が無く、今時分がいる場所が大雑把でしか把握出来なかった。でもiPhone版 山と高原地図を使う事によって自分のいるところが正確に特定出来、目的地まで後何時間必要か、また迷った時にコース上にいるかどうか等を簡単に確認出来るのが非常に助かる。
欠点を言えばiPhoneなのでバッテリーの消費が激しく日帰り登山であれば問題は無いが、一泊二日以上であれば充電する必要が出てくる。当然iPhoneなので充電する為には単三電池等を大量に持っていくかGOAL ZERO等のソーラー充電器を持っていくかしなければ行けないがいずれも荷物になる。
でも一度使うと手放せなくなるほど重宝し、iPhoneの充電をする為に荷物を増やす結果となるiPhone版 山と高原地図は本当に便利です。





「レビュー:山と高原地図 iPhone版」を見た方はこれらも見ています。
レビュー:モントレイル マウンテンマゾヒスト(Montrail Men's Mountain Masochist Mid GTX)
カトゥーラ マイクロスパイク(Kahtoola MICRO Spikes)レビュー
極食(kyoku syoku)レビュー
行動食 レビュー
レビュー:SOTO Pocket Torch(ポケトーチ)
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

コメントの投稿

非公開コメント

Booking.com
ibex
最新記事
カテゴリ
Inov8
RSSリンクの表示
リンク
ベスト10
白馬三山
白馬三山
燕岳
常念岳~燕岳縦走
南八ヶ岳縦走
南八ヶ岳縦走
雲ノ平
雲ノ平縦走
槍ヶ岳
槍ヶ岳
天狗岳
天狗岳
穂高岳
穂高岳
屋久島
屋久島
直島
直島
尾瀬
尾瀬
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。