スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

山と道 MINI 25L Custom Edition レビュー

    このエントリーをはてなブックマークに追加   

山と道 MINI 25L Custom Edition




BACK TO HIKE
5月にハイカーズデポで行われた山と道展示会。そこで“山と道 MINI 25L”を始めて手にした。
以前から“山と道U.L.FramePack ONE”は気になっていたもののデポッとした膨らみのある少年のようなフォルムが少々苦手、気にはなるもののなかなか手が出せずにいた。そして今回登場したのが、この山と道MINI25L、25Lと容量は少ないものの、荷物を詰めたフォルムはシャープで無駄が無い感じ。まさに一目惚れ、即予約。
そして月日が流れ8月上旬、会社からか戻ってきたら宅配ポストに大きな紙袋が。そこには「BACK TO HIKE」の文字。
おぉぉぉぉ!待ちに待った山と道 MINI 25Lが届いた日。

山と道 MINI 25L Custom Edition
早速、「BACK TO HIKE」の紙袋から山と道 MINI 25L Custom Editionを出し、眺める。やっぱりカッコいいは!
この山と道 MINI 25L Custom EditionはフロントポケットにCTF3 Cuben Fiberを使用し、さらにボトムにはDyneema X Gridstopを使用する気合いの入れよう!CTF3 Cuben Fiberはブラックなのであまり透ける事は無いけれど、若干透けるその具合がまた遊び心を刺激してくれて楽しい。ジッパーの色を変えようかと悩んだけれども、結局黒色で統一。飽きがこなく使えそうなので。

山と道マーク
25Lって容量がやや気にはなっていた物の実際に手にするとやっぱり小さい気がする。日帰りくらいしか使えないのではないのかなと。最近ニ泊三日テント泊程度であれば8kg以内に抑えられるようになったものの、はたして25Lに納めるる事が出来るか。。
そして休日に一泊二日で八方尾根から唐松岳を登り五竜岳を経て鹿島槍ヶ岳へそして大谷原抜けるハイキングを計画。八峰キレットを通過するので山と道 MINI 25Lで行くと破れないか心配だなと思いつつもすぐにでも使ってみたい衝動には勝てず。早速パッキング。

ビッグアグネス
ビッグアグネスのテントに、モンベルの寝袋とダウンジャケット。Goliteのハードシェルにプラティパスに入れた水やワイン。。アルファ米にEVERNEWのチタンクッカーにTrail Designsのカルデラコーン、などなどご覧の通りの荷物を押し込む!(押し込まなくても入りました。。)

山と道 MINI 25Lパッキング
おぉ、余裕で収納。しかもなんだかカッコいい。素敵。

唐松岳と山と道 MINI 25L
そして八方尾根へ。そして唐松岳頂上山荘にて。
しかも、山と道サコッシュに山と道U.L.Pad15L+と山と道セットでご満悦!!

山と道 MINI 25Lを背負う
山と道 MINI 25Lを使う以前はグラナイトギアのブレイズAC60を使っていたので、腰できっちりとバックパックを支えられない山と道 MINI 25Lは肩が凝るだろうと予想していたが、この一泊二日のハイキングで合計20時間“山と道 MINI 25L”を背負って歩いたが、ブレイズAC60よりも肩が凝らなかったのは驚き。そして八峰キレットでも破れず。なんだか山と道 MINI 25Lは手放せなくなりそうです。
そう言えばテンプラガレージで販売していた山と道 MINI 25Lも気になった!物欲に火がつくと、きりがないです。。





「山と道 MINI 25L Custom Edition レビュー」を見た方はこれらも見ています。
登山用具レビュー
レビュー:LA SPORTIVA(スポルティバ)Trango Guide(トランゴ ガイド) GTX
トムの登山用具レビュー
レビュー:サーマレスト Zライト(THERMAREST)
kahtoola(カトゥーラ) Mountain Snowshoes MTN 24 レビュー
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

コメントの投稿

非公開コメント

Booking.com
ibex
最新記事
カテゴリ
Inov8
RSSリンクの表示
リンク
ベスト10
白馬三山
白馬三山
燕岳
常念岳~燕岳縦走
南八ヶ岳縦走
南八ヶ岳縦走
雲ノ平
雲ノ平縦走
槍ヶ岳
槍ヶ岳
天狗岳
天狗岳
穂高岳
穂高岳
屋久島
屋久島
直島
直島
尾瀬
尾瀬
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。