スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

瑞牆山荘(みずかきさんそう) GW奥秩父縦走 | 長野県 山梨県 埼玉県

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
GW奥秩父縦走

◆ 瑞牆山荘
  |
瑞牆山ピストン
  |
瑞牆山山頂
  |
富士見平小屋
  |
大日岩
  |
砂払いノ頭
  |
金峰山
  |
朝日岳
  |
大弛峠
  |
夢の庭園
  |
国師ヶ岳
  |
国師ノタル
  |
東梓(ひがしあずさ)
  |
水師
  |
甲武信ヶ岳と甲武信小屋
  |
木賊山(とくさやま)
  |
破風山(はっぷさん)
  |
雁坂峠と雁坂小屋
  |
五日目
  |
地図&交通

瑞牆山荘(みずかきさんそう)


ゴールデンウィークに6泊7日の奥秩父縦走を計画。

1日目は瑞牆山荘より、富士見平小屋でテントを張り瑞牆山へピークハント。
2日目は富士見平小屋より大日小屋、大日岩を通過し金峰山へ、さらに朝日岳を通過して大弛小屋でテント泊。
3日目は国師ヶ岳、北奥千丈岳を通過し、甲武信ヶ岳へ、甲武信小屋にてテント泊。
4日目は木賊山(とくさやま)、破風山(はっぷさん)、雁坂嶺を通過し、雁坂峠へ、雁坂小屋にてテント泊。
5日目は水晶山、古礼山、燕山を通過し、笠取山へ、唐松尾山を通過し、将監峠へ、将監小屋にてテント泊。
6日目は飛龍山、雲取山を通過し、奥多摩小屋にてテント泊。
7日目最終日は、七ッ石山、鷹ノ巣山、六ッ石山を通過して最終目的地、奥多摩駅へ。

グラナイトギアの「BLAZE A.C 60」に21食分の食料を詰め込み、重量14kg、、さて、どうなる事やら。


韮崎駅
7時ちょうどのあずさに乗って♪ 韮崎駅到着。
さらにバスに乗って1時間。。

瑞牆山荘
瑞牆山荘に到着。山の準備をしている人たちがちらほら。
思っていたよりは人が少なめ。。

瑞牆山登山道
さぁ、6泊7日の奥秩父縦走開始です!

白樺林
広い白樺林をてくてく、気持ちのよいスタート。

急登
でも、やっぱり登山。登るのですよ、登るのですょ。

里宮神社
巨大な岩に囲まれた、里宮神社へ奥秩父縦走の安全を祈願。

瑞牆山
瑞牆山の山頂がブナ林から顔を出し。

富士見平小屋
おっと、本日の宿泊地、富士見平小屋に到着です。
瑞牆山荘からたったの1時間。。

富士見平小屋テント場
富士見平小屋のテント場は、落ち葉がぎっしりとつまり、ほかほか。。

ビッグアグネスフライフリーク
さて、2012年初めてのビッグアグネスの登場です

瑞牆山
テントを張り、荷物を置いて、瑞牆山へピストンです!





「瑞牆山荘(みずかきさんそう) GW奥秩父縦走 | 長野県 山梨県 埼玉県」を見た方はこれらも見ています。
雁坂峠 奥秩父縦走 | 山梨県 埼玉県
鳳凰三山 南精進ヶ滝(みなみしょうじがたき) | 山梨県韮崎市
将監小屋 奥秩父縦走 | 山梨県 埼玉県
瑞牆山ピストン GW奥秩父縦走 | 東京都
唐松尾山 奥秩父縦走 | 山梨県 埼玉県
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

コメントの投稿

非公開コメント

Booking.com
ibex
最新記事
カテゴリ
Inov8
RSSリンクの表示
リンク
ベスト10
白馬三山
白馬三山
燕岳
常念岳~燕岳縦走
南八ヶ岳縦走
南八ヶ岳縦走
雲ノ平
雲ノ平縦走
槍ヶ岳
槍ヶ岳
天狗岳
天狗岳
穂高岳
穂高岳
屋久島
屋久島
直島
直島
尾瀬
尾瀬
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。