FC2ブログ

スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

レビュー:パタゴニア メンズウルトラライトダウンフーディ(Patagonia Men's Ultralight Down Hoody)

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気に入りウェア

◆ メンズウルトラライトダウンフーディ(Patagonia Men's Ultralight Down Hoody)
メンズウルトラライトダウンフーディをご紹介。

 メンズウルトラライトダウンフーディ
多くのブランドから軽量でコンパクトなダウンジャケットが販売されており、ユニクロでも数千円でウルトラライトなダウンジャケットが買えてしまう昨今、あえて高額のパタゴニアウルトラライトダウンフーディを購入(パタゴニアのセールで20%引きだったこともあって)する理由は?
ユニクロのウルトラライトダウンジャケット が6着買っておつりが来るこの金額差はどうしてでしょうか。
まず製品がしっかりしており、中のダウンが出る事がほとんどない。またシェル素材は非常に薄く強く、 さらにデリュージDWR加工済みで撥水に優れいる。さらに形も体にフィットするようにつくられいるので、包まれた感じが気持ちいいですね。でもこの金額差は悩んでしま うところですね。正直なところUSのpatagonia価格にまで下げて欲しいですね。
Patagonia Men's Ultralight Down Hoody
付属のスタッフサックに入れれば手のひらサイズで、トレッキング中はバックパックの中に入れておいてもかさばらない、って言うのは今は当たり前ですがね。
EXライトダウンジャケット
でその大きさ、モンベルのEXライトダウンジャケットと大きさを比較してみました。2倍程度の大きさでしょうか。トムの場合、夏から初秋はモンベルのEXライトダウンジャケットをバックパックに忍ばせておき、秋から冬そして春はUltralight Down Hoodyを着用、と使い分けています。
EXライトダウンジャケットだとちょっと不安で、ちょっとかっこわるい。。。ウルトラライトダウンフーディだとフードも付いているので本当に寒い時にはすっ ぽりかぶれますしね。あと、冬に登山口まで行く移動の時、着ていてもサマになるし。って言うところでしょうかこの金額の価値は。。。




「レビュー:パタゴニア メンズウルトラライトダウンフーディ(Patagonia Men's Ultralight Down Hoody)」を見た方はこれらも見ています。
ストーブ・バーナー・ハイドレーション
EXPED Down Mat 7M(エクスペド ダウンマット 7M)レビュー
グラナイトギア ブレイズAC60(GRANITEGEAR BLAZE A.C. 60)レビュー
kahtoola(カトゥーラ) Mountain Snowshoes MTN 24 レビュー
SealSkinz Thin Ankle Length ソックス(シールスキンズ)レビュー
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

コメントの投稿

非公開コメント

Booking.com
ibex
最新記事
カテゴリ
Inov8
RSSリンクの表示
リンク
ベスト10
白馬三山
白馬三山
燕岳
常念岳~燕岳縦走
南八ヶ岳縦走
南八ヶ岳縦走
雲ノ平
雲ノ平縦走
槍ヶ岳
槍ヶ岳
天狗岳
天狗岳
穂高岳
穂高岳
屋久島
屋久島
直島
直島
尾瀬
尾瀬
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。