レビュー:パタゴニア アドボケート(Patagonia Men's Advocate)

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気に入りトレッキングブーツ

トレッキングブーツ一覧
  |
スポルティバ トランゴ ガイド GTX(LA SPORTIVA Trango Guide GTX)
  |
Montrail(モントレイル)Men's Mountain Masochist Mid GTX
  |
スポルティバ ネパール エボ GTX(LA SPORTIVA Nepal EVO GTX)
  |
◆ パタゴニア アドボケート(Patagonia Men's Advocate)

パタゴニア アドボケートをご紹介。



アドボケート

登山の行き帰りと、テント場での行動時に登山靴を履いていると疲れてしまうので、軽くて丈夫なサンダルやスリッポンを探していました。流行のクロックスやKEEN、テバ(TeVa)、chacoなど履いてみて、持ってみて試してみましたがなかなかしっくりとこず、たどり着いたのがPatagonia Men's Advocate。



パタゴニア

見た目が“やわな感じ”がするのに値段が高い(さすがはPatagoniaですが、)。からどうなのかなっと半信半疑でしたが、使ってみて結構タフな作りだと実感。登山の行き帰りやテント場周辺でガシガシ歩いても破れもしませんでした。さらにアドボケートは軽量で折り畳めるので登山靴を履いている時も収納に困りません。



Patagonia Men's Advocate

ソールは非常に薄くすぐだめになると思っていましたが、意外とソールももちが良く1シーズン使い続けましたが全く問題ありません。ただ、ソールが薄いのでテント場がガレている場合、岩の尖りがダイレクトに足裏に伝わるため、まさに足裏マッサージな状態です。そんな状態が個人的には好きですが、足裏マッサージが苦手の方はやめた方がいいですね。







「レビュー:パタゴニア アドボケート(Patagonia Men's Advocate)」を見た方はこれらも見ています。
山と道 MINI 25L Custom Edition レビュー
テント・マットレス
サンワサプライ モバイルバッテリー 700-BTL008 レビュー
レビュー:イワタニプリムス P153ウルトラバーナー
EXPED Down Mat 7M(エクスペド ダウンマット 7M)レビュー
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

コメントの投稿

非公開コメント

Booking.com
ibex
最新記事
カテゴリ
Inov8
RSSリンクの表示
リンク
ベスト10
白馬三山
白馬三山
燕岳
常念岳~燕岳縦走
南八ヶ岳縦走
南八ヶ岳縦走
雲ノ平
雲ノ平縦走
槍ヶ岳
槍ヶ岳
天狗岳
天狗岳
穂高岳
穂高岳
屋久島
屋久島
直島
直島
尾瀬
尾瀬