スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

水晶小屋 「雲ノ平 → 読売新道 → 立山剣岳」縦走 | 富山県富山市

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
「雲ノ平 → 読売新道 → 立山剱岳」縦走

計画
  |
準備
  |
ーーー 1日目 ーーー
折立
  |
五光岩ベンチ
  |
太郎平小屋
  |
薬師岳
  |
薬師峠キャンプ場
  |
ーーー 2日目 ーーー
薬師沢御来光
  |
薬師沢小屋
  |
雲ノ平 アラスカ庭園
  |
雲ノ平 奥日本庭園
  |
祖母岳
  |
雲ノ平山荘
  |
雲ノ平キャンプ場
  |
ーーー 3日目 ーーー
祖父岳
  |
高天原峠
  |
高天ヶ原温泉
  |
高天原小屋
  |
ーーー 4日目 ーーー
水晶池
  |
鷲羽岳
  |
三俣山荘
  |
黒部源流碑
  |
◆ 水晶小屋
  |
ーーー 5日目 ーーー
水晶岳
  |
赤牛岳
  |
読売新道
  |
平ノ渡
  |
ーーー 6日目 ーーー
立山黒部アルペンルート
  |
立山
  |
別山
  |
剱沢キャンプ場
  |
ーーー 7日目 ーーー
前剣
  |
剣岳
  |
みくりが池温泉
  |
おわりに
  |
地図&交通
水晶小屋
北アルプスの真ん中に位置する水晶だけは収容人数30名の小さな山小屋。でも、さまざまな山へ行く分岐に位置しており小屋はいつでもにぎわっています。トムも明日、水晶岳、赤牛岳を経由して読売新道を行く為に本日も小屋泊。9月中旬の平日にも関わらず一枚布団では寝られませんでした。


水晶岳赤牛岳
目指すは、水晶岳、赤牛岳。

水晶岳
でも、その前に、

水晶小屋
水晶小屋で一泊。

山小屋
北アルプスにある山小屋は大きく立派ですが、
ここ、水晶小屋は小さく立派です。

裏銀座
小屋の前に広がる、裏銀座。

高瀬ダム
そして、高瀬ダム。

槍ヶ岳
晴れていれば、槍ヶ岳、そして遠くに富士山までも見渡せます。

雲
夕方になると、雲がぐんぐんのぼり始め

ガス
辺り一面、雲の中へ。

夕焼け
夕焼けが雲を赤く染めあげてました。





「水晶小屋 「雲ノ平 → 読売新道 → 立山剣岳」縦走 | 富山県富山市」を見た方はこれらも見ています。
前剣 「雲ノ平 → 読売新道 → 立山剣岳」縦走 | 富山県富山市
黒部ダム 下ノ廊下 | 富山県立山町
薬師沢御来光 「雲ノ平 → 読売新道 → 立山剣岳」縦走 | 富山県富山市
太郎平小屋 「雲ノ平 → 読売新道 → 立山剣岳」縦走 | 富山県富山市
平ノ渡 「雲ノ平 → 読売新道 → 立山剣岳」縦走 | 富山県富山市
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

コメントの投稿

非公開コメント

Booking.com
ibex
最新記事
カテゴリ
Inov8
RSSリンクの表示
リンク
ベスト10
白馬三山
白馬三山
燕岳
常念岳~燕岳縦走
南八ヶ岳縦走
南八ヶ岳縦走
雲ノ平
雲ノ平縦走
槍ヶ岳
槍ヶ岳
天狗岳
天狗岳
穂高岳
穂高岳
屋久島
屋久島
直島
直島
尾瀬
尾瀬
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。