スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

レビュー:イワタニプリムス P-133Sエクスプレス・スパイダー・ストーブ

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気に入りストーブ

イワタニプリムス P153ウルトラバーナー
  |
◆ イワタニプリムス P-133Sエクスプレス・スパイダー・ストーブ
  |
SOTO Pocket Torch

イワタニプリムス P153ウルトラバーナー



イワタニプリムス P-133Sエクスプレス・スパイダー・ストーブ

いつもはIWATANI PRIMUS P-153ウルトラバーナーを使っていますが、山で美味しい物が食べたい時は、イワタニプリムス(IWATANI PRIMUS)P133Sエクスプレススパイダーストーブを使います。



P133Sエクスプレス・スパイダー・ストーブはコンパクト

分離型ストーブなにに非常にコンパクトに収納でき、本体重量はわずか198g。コッヘルの中にガスとストーブが両方収まる設計です。



防風効果

バーナーヘッドは鉢状になっているので燃焼効率と防風効果を兼ね備えていて強風の中でも問題なく使用出来ます。軽さを追求しているので圧電点火装置が付いていないので、SOTO Pocket Torch(ポケトーチ)は必需品となりますが。



UNIFLAME(ユニフレーム) ミニロースター 665817

P-133Sエクスプレススパイダーストーブの最大のメリットはUNIFLAME(ユニフレーム) ミニロースターなどの網で焼き物をしても輻射熱でガスカートリッジを加熱してしまい爆発する恐れがなくなるので、安心して肉や魚、パンなどを網焼き出来るところでしょう!また大きな鍋で鍋料理などもでき秋冬の登山時に鍋を囲むなんて素敵な使い方も出来ます。ただし、ゴトクが大きいため直接カップの水を温めるという使い方は出来ません。



鯖

実際に焼いた鯖は焼き目が付いて美味しく出来上がりました。フライパンではこんな焼き上がりは期待出来ないですからね。







「レビュー:イワタニプリムス P-133Sエクスプレス・スパイダー・ストーブ」を見た方はこれらも見ています。
kahtoola(カトゥーラ) Mountain Snowshoes MTN 24 レビュー
レビュー:パタゴニア アドボケート(Patagonia Men's Advocate)
レビュー:イワタニプリムス P153ウルトラバーナー
レビュー:パタゴニア メンズウルトラライトダウンフーディ(Patagonia Men's Ultralight Down Hoody)
inov8 GRIPROC 325 (イノヴェイト グリップロック 325)レビュー
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

コメントの投稿

非公開コメント

Booking.com
ibex
最新記事
カテゴリ
Inov8
RSSリンクの表示
リンク
ベスト10
白馬三山
白馬三山
燕岳
常念岳~燕岳縦走
南八ヶ岳縦走
南八ヶ岳縦走
雲ノ平
雲ノ平縦走
槍ヶ岳
槍ヶ岳
天狗岳
天狗岳
穂高岳
穂高岳
屋久島
屋久島
直島
直島
尾瀬
尾瀬
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。