スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

レビュー:GRANITEGEAR eVent Uberlight Drysacks(グラナイトギア イベント ウーバーライトドライサック)

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気に入りパッキング

◆ GRANITEGEAR eVent Uberlight Drysacks(グラナイトギア イベント ウーバーライトドライサック)

GRANITEGEAR eVent Uberlight Drysacks(グラナイトギア イベント ウーバーライトドライサック)をご紹介。



GRANITEGEAR eVent Uberlight Drysacks

GRANITEGEAR eVent Uberlight Drysacks(グラナイトギア イベント ウーバーライトドライサック)はヨットレースの最高峰「アメリカスカップ」に出場するヨットのセール用にCubic Tech社が開発した、「Cubin Fiber」というカーボンとポリマーフィラメントのハイテク複合素材を使用した事により、同社のこれまでの同モデルGRANITE GEAR eVent SIL DRYSACK(グラナイトギア イベント シル ドライサック)に比べて大幅に軽量化されています。XXSの場合33gから15gと驚きの半分以下!



グラナイトギア イベント ウーバーライトドライサック

Cubin Fiberは薄くて軽くて丈夫で、さらに透け透けです!なので中に何を入れたのかがすぐに分かります。ただ、薄すぎて尖った物では破れてしまうのか始めから補修用のパッチが5枚ほど付いています。破れても安心なのかどうだか。。



グラナイトギア イベント ウーバーライトドライサック ロールトップ

口はロールトップ式なので口から水が浸入する事はほとんどなく、またeVentで空気を抜き圧縮するたびにロールを巻けばより小さくなり便利です。



eVent

ボトムには防水透湿素材のeVentを使用しているので、ロールを巻いたあとにドライサック本体を押せば空気が抜け圧縮されます。



GRANITEGEAR eVent Uberlight Drysacks 軽量

トラベルトムはビッグアグネスフライクリークUL2の収納ケースとして利用しています。ビッグアグネスフライクリークUL2に付属の収納ケースは防水性がないので、濡れたままのテントを入れると水がしみ出しバックパックの中を濡らしてしまう(経験済み。。。)から、GRANITEGEAR eVent Uberlight Drysacksに入れています。写真の通り2人用のテントビッグアグネスフライクリークUL2がこんなに小さく圧縮出来ます。







「レビュー:GRANITEGEAR eVent Uberlight Drysacks(グラナイトギア イベント ウーバーライトドライサック)」を見た方はこれらも見ています。
ソル エスケイプ ヴィヴィ(SOL ESCAPE Bivvy)レビュー
ウエア
ストーブ・バーナー・ハイドレーション
カトゥーラ マイクロスパイク(Kahtoola MICRO Spikes)レビュー
inov8 GRIPROC 325 (イノヴェイト グリップロック 325)レビュー
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

コメントの投稿

非公開コメント

サイズについて

こんにちは。

フライクリークUL2を入れている袋は何㍑のものでしょうか?
REIのQuarter Dome T2というMSRのハバハバに似た2人用テントの収納袋に、この商品を検討しており、どのサイズを選べば良いものかと迷っています。

また、この商品は紐でコンプレッションするタイプに比べて、使い勝手はどうでしょうか?併せてご回答頂けたらと思います。

お手数をおかけいたしますがよろしくお願いします。

Re: サイズについて

コメントありがとうございます。

XXSの7Lを使っています。
フライクリークUL2の生地は薄いのでXSの10Lでは容量が余り口元をロールアップする回数が増えてしまい使い勝手が悪くなりました。
参考になるかわかりませんが、例えばパタゴニアのフリースのようなかさばる物であれば10L以上でないと入りません。

紐でコンプレッションするタイプとはグラナイトギアの「シルコンプレッサー」のことでしょうか。こちらも持っていますが、テントや衣類などをコンプレッションしてバックパックに入れて持ち運ぶのであればロールアプするだけのタイプの方が主観ですが簡単で使い易いと思います。
Booking.com
ibex
最新記事
カテゴリ
Inov8
RSSリンクの表示
リンク
ベスト10
白馬三山
白馬三山
燕岳
常念岳~燕岳縦走
南八ヶ岳縦走
南八ヶ岳縦走
雲ノ平
雲ノ平縦走
槍ヶ岳
槍ヶ岳
天狗岳
天狗岳
穂高岳
穂高岳
屋久島
屋久島
直島
直島
尾瀬
尾瀬
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。