スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

レビュー:LA SPORTIVA(スポルティバ)Trango Guide(トランゴ ガイド) GTX

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気に入りトレッキングブーツ

◆ LA SPORTIVA(スポルティバ)Trango Guide GTX
  |
Montrail(モントレイル)Men's Mountain Masochist Mid GTX
LA SPORTIVA(スポルティバ)Trango Guide GTXをご紹介。
LA SPORTIVA(スポルティバ)Trango Guide GTX正面
登山靴の最高峰「LA SPORTIVA(スポルティバ)」は一足一足を職人が手作りするイタリア製の高品質なトレッキングブーツです。登山、ロッククライミング、トレイルランニングなど使用条件に応じて多くの種類が用意されています。トラベルトムが履いているトランゴガイドGTXは高度なテクニックを駆使し、スピーディーな登山のために無駄を極限までに落とした山岳ガイドの為の超軽量モデルです。片足550gしかなく、一般的に700gから800gある登山靴を考えるとかなりウルトラライトな仕上がりではないでしょうか。
LA SPORTIVA(スポルティバ)Trango Guide GTX側面
素材はゴアテックスを使用しているので濡れる心配は無く、ソールはビブラム社と共同で開発したビブラムIBS(IMPACT BRAKE SYSTEM)を使用し岩などでの衝撃を和らげる仕様となっています。さらにスポルティバ独自の3D FLEX SYSTEMにより足首の自然な動きを妨げず安定し披露を軽減する仕様となっています。
LA SPORTIVA(スポルティバ)Trango Guide GTX甲
特に気に入っている点は、足の甲にあたる素材が非常に柔らかいので、登山靴の固く動きにくい辛さから解放されます。もちろん足はしっかりと固定されているのでずれたりする事はありません。この感覚は一度履いて試してみて欲しいですね。
LA SPORTIVA(スポルティバ)Trango Guide GTXソール
ソールは岩をしっかりとグリップ出来るようアプローチシューズに用いられるパターンで、雨の中の穂高岳の大キレットで効果を発揮してくれました。
LA SPORTIVA(スポルティバ)Trango Guide GTX中敷
また、中敷はコンフォマーブルを使っています。
ちなみに、都内でトランゴガイドGTXの在庫があるのはニッピン秋葉原登山本店、カモシカスポーツの2店のみだそうです(2011/7現在)。
LA SPORTIVA(スポルティバ)Trango Guide GTXソールが剥がれる
お気に入りだったTrango Guide GTXのソールが剥がれた。写真ではわかりにくいが、ソールを勢い良く摘むと間違いなくソールが完全に剥がれる状態。しかも買って1ヶ月ちょっと。履いて行った山は穂高岳2泊3日八ヶ岳1泊2日鳳凰三山1泊2日の計7日。しかも剥がれているのに気がついたのは雲ノ平から読売新道を経由して剱岳へ6泊7日の初日だ!7日間ソールが完全に剥がれてしまうのではないかと不安にかられながらなんとか持ち越した。その後、ニッピン秋葉原登山本店に持って行ったが、メーカーに返すからいつになるか分からないとのこと。9月末から10月中旬まで毎週山に行く予定だったがTrango Guide GTXがなくなり困っている状態です。ニッピン秋葉原登山本店店員さん曰く、まずはメーカーからの返答を待てとの事だが、いつになるのだろうか。。。
そもそも一番上の写真でもわかる通り、購入時からソールのつま先部分が若干浮いているような状態ではあった、気になったがそういう物だと思ってしまったのが間違いだったのかもしれません。
その後ですが、Trango Guide GTXはあくまでもアプローチする為に設計されているのでソールが柔らかくこれまでと同じ使い方(体重60kg弱で荷物10kgを背負って登山道を歩いて登頂する)をすればすぐにソールがだめになってしまう可能性が高い、かつ現在、日本にはソールがないためソール交換が出来ない事を理解した上で新品と交換するか代金を返却するかを選んでくださいとのことでしたので、アプローチの為だけに使用する事は考えられないので、返却させていただきました。ご迷惑をおかけ致しました。
ソールの耐久性を理解した上でうまく利用出来るなら履き易いトレッキングブーツだと思います。




「レビュー:LA SPORTIVA(スポルティバ)Trango Guide(トランゴ ガイド) GTX」を見た方はこれらも見ています。
極食(kyoku syoku)レビュー
行動食 レビュー
レビュー:イワタニプリムス P-133Sエクスプレス・スパイダー・ストーブ
レビュー:ネパール エボ GTX
サンワサプライ モバイルバッテリー 700-BTL008 レビュー
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

コメントの投稿

非公開コメント

Booking.com
ibex
最新記事
カテゴリ
Inov8
RSSリンクの表示
リンク
ベスト10
白馬三山
白馬三山
燕岳
常念岳~燕岳縦走
南八ヶ岳縦走
南八ヶ岳縦走
雲ノ平
雲ノ平縦走
槍ヶ岳
槍ヶ岳
天狗岳
天狗岳
穂高岳
穂高岳
屋久島
屋久島
直島
直島
尾瀬
尾瀬
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。