FC2ブログ

弁天ノ森 2日目 大峯奥駈道縦走 4泊5日 | 奈良県和歌山県

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
2日目 大峯奥駈道縦走4泊5日

小普賢岳
  |
大普賢岳
  |
稚児泊
  |
七曜岳
  |
行者還岳
  |
◆ 弁天ノ森
  |
弥山
  |
八経ヶ岳
  |
楊枝ヶ宿小屋

弁天ノ森


弁天ノ森手前から雨がぽつりぽつりと降り始め、スノーピークアンブレラULをさし前へと急ぐ。
弁天ノ森は後一ヶ月もすれば鬱蒼とした緑の生い茂る森へと変化するのだろうが、五月初旬のゴールデンウィーク頃は緑も無く黒々とした森のまま。。


稜線
稜線をてくてく行けば、

荒廃した避難小屋
荒廃した避難小屋に到着。
さすがにこの小屋では泊まれないが
周りにテントを数張り張れるが、水場は無し。

弥山まであと2時間15分
弥山まであと2時間15分。

スノーピークアンブレラUL
雨が降り始め、スノーピークアンブレラULをさしながらのてくてく歩く。

奥駈道出合
奥駈道出合へ。
この辺りから弥山へ登る人が多くなる。

石休場宿跡
石休場宿跡を越え、

台風で崩壊した木々
台風で崩壊した森を越え、

てくてく
てくてく行けば、

弁天の森
弁天の森に到着。

鬱蒼とした森
あと一ヶ月後にくれば弁天の森は
鬱蒼としたトムの好きな森となっているのだろう。
などと思いながらてくてく行く。

聖宝ノ宿跡
聖宝ノ宿跡に到着。

理源大師像
理源大師像がお出迎え。

2日目 大峯奥駈道縦走4泊5日

小普賢岳大普賢岳稚児泊七曜岳行者還岳| 弁天ノ森| 弥山八経ヶ岳楊枝ヶ宿小屋




「弁天ノ森 2日目 大峯奥駈道縦走 4泊5日 | 奈良県和歌山県」を見た方はこれらも見ています。
仏生ヶ岳 3日目 大峯奥駈道縦走 4泊5日 | 奈良県和歌山県
大天井ヶ岳 1日目 大峯奥駈道縦走 4泊5日 | 奈良県和歌山県
稚児泊 2日目 大峯奥駈道縦走 4泊5日 | 奈良県和歌山県
弥山 2日目 大峯奥駈道縦走 4泊5日 | 奈良県和歌山県
南奥駈道 3日目 大峯奥駈道縦走 4泊5日 | 奈良県和歌山県
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

コメントの投稿

非公開コメント

Booking.com
ibex
最新記事
カテゴリ
Inov8
RSSリンクの表示
リンク
ベスト10
白馬三山
白馬三山
燕岳
常念岳~燕岳縦走
南八ヶ岳縦走
南八ヶ岳縦走
雲ノ平
雲ノ平縦走
槍ヶ岳
槍ヶ岳
天狗岳
天狗岳
穂高岳
穂高岳
屋久島
屋久島
直島
直島
尾瀬
尾瀬