スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

サンワサプライ モバイルバッテリー 700-BTL008 レビュー

    このエントリーをはてなブックマークに追加   

サンワサプライ モバイルバッテリー 700-BTL008

iPhoneなどのスタートフォンの充実により登山に欠かせなくなったスマートフォン。トムの登山もiPhone無しには考えられない。

700-BTL008
よく利用する機能としてはカメラ。基本的にはOLYMPUS PEN E-P1を使用しているが、iPhoneで撮った方がうまく撮れたり、雨などの悪天候時にはiPhoneのカメラで撮った方が都合が良い場合も多くよく利用する。

さらにGPS機能はいざという時に役立つ。特にMAPPLEの山と高原地図のiPhoneアプリはGPSと連動しており、今どこにいるのかが一目で分かる。これまでも山と高原地図のiPhoneアプリには多々助けられている(もう少し地図とコンパスの使い方を学ばなければいけないと考えつつも、山と高原地図のiPhoneアプリに頼りっぱなし)。

さらにさらに、気持ちの良いテント場で読書をする為にiPhoneに読みたい電子書籍をダウンロードしておいたり、珍しくソフトバンクの電波が通じる(最近通じるところが増えてきた)場合、友達などに状況を報告する為にLineなどを使ったりと、本当に無くてはならない道具の一つとなってしまった。

サンワサプライモバイルバッテリー
だが問題も発生。
使えば使うほど電力を消費してしまい、iPhoneの場合1日でバッテリー20%以下になってしまうことがよくある。そこで充電器が必要となるわけだが、なかなか軽くて大容量のモバイルバッテリーが無い。大容量であれば重たく、軽ければ充電さえままならない。

その問題を解決してくれたのが、サンワサプライの700-BTL008シリーズ。大容量5600mAhで高出力2.1A、重量112gというスペック。
容量が5600mAhというのはiPhoneで言えば2〜3回以上フル充電ができる(気温等による影響あり)容量。また出力が弱いとiPhoneに充電できないが出力2.1Aであれば十分に充電できる。さらに重量112gという軽さ!さらにさらにアルミ筐体の細長い円柱状で色も4種類(限定色も何色かある)。という良い事づくめ。

2泊3日程度であれば700-BTL008を1本持って行けば十分、4日以上であれば2本、7日以上であれば3本と日数に応じて本数を決められるのも良いところで、軽量化につながる。これこそウルトラライト精神?

まぁ、3本持って行ったとしても重要は336gだし。
縦走時にソーラーパネルの充電器を持って行ったとしても総重量が336g以上になる。さらに天候しだいでは充電できない場合などのリスクを考えれば700-BTL008は確実に充電できる。

マイナス数度程度の冬山でも何度か試してみたが問題なく充電が出来た。今のところ最高のモバイルバッテリーだ。試しにまずは1本購入してみてはいかがでしょうか。きっと気に入ります。山だけではなく普段使いにも便利ですし。





「サンワサプライ モバイルバッテリー 700-BTL008 レビュー」を見た方はこれらも見ています。
サンワサプライ モバイルバッテリー 700-BTL008 レビュー
山と道 MINI 25L Custom Edition レビュー
レビュー:モンベル EXライトダウンジャケット(mont-bell EX LIGHT DOWN JACKET)
レビュー:パタゴニア メンズウルトラライトダウンフーディ(Patagonia Men's Ultralight Down Hoody)
極食(kyoku syoku)レビュー
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

コメントの投稿

非公開コメント

Booking.com
ibex
最新記事
カテゴリ
Inov8
RSSリンクの表示
リンク
ベスト10
白馬三山
白馬三山
燕岳
常念岳~燕岳縦走
南八ヶ岳縦走
南八ヶ岳縦走
雲ノ平
雲ノ平縦走
槍ヶ岳
槍ヶ岳
天狗岳
天狗岳
穂高岳
穂高岳
屋久島
屋久島
直島
直島
尾瀬
尾瀬
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。