FC2ブログ

スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

河童橋 冬の上高地で飢えをしのぐ | 長野県松本市

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
冬の上高地

釜トンネルから大正池
  |
田代橋
  |
◆ 河童橋
  |
坂巻温泉
  |
地図&交通

河童橋


夏に何度も訪れている河童橋。いつ来ても人が沢山いて都心となんら変わらない喧噪の河童橋も、真冬にはほぼ人がおらず、猿の楽園。夏は河童橋付近では猿は見かけないが人が少なくなるとこの辺りまで下りてくるようで。寒くないのかなと勝手な心配を。
そして本日の宿泊地、小梨平キャンプ場にローカスギアのクフタイベックを張ったのですが、その後事件が発生!!


梓川
昼食を済ませ梓川沿いをてくてく歩き、

遠くに河童橋
遠くに河童橋が見えて来た。

雪に埋もれた上高地バスターミナル
一旦、梓川を離れ雪に埋もれた上高地バスターミナルへ。

上高地バスターミナルのトイレ
上高地バスターミナルのトイレは一部解放されており、感謝です。

河童橋
そして人のいない河童橋へ。

明神岳方面
河童橋から明神岳方面を眺めるも、ガスで視界不良。

お猿さん
河童橋付近はお猿さんの楽園。

お猿さんの後を歩く
お猿さんの後をてくてく行けば、

小梨平キャンプ場
小梨平キャンプ場に到着。

クフタイベック
ローカスギアのクフタイベックを設営し、さてご飯の準備。

本日は独り鍋の予定で、白菜やネギ、豚肉などを持参。ガスはP-133Sエクスプレス・スパイダー・ストーブに厳冬期用のUltra Gasの組み合わせ。これが災難に、、気温が氷点下10度程度だったが、Ultra Gasに火がつかず、寝袋で温めたりしても全く火がつかない。あげくの果てにはUltra Gasからガスが自然に噴出し、液体が漏れ始めるとう始末。
結局、ガスに火をつけるのを諦めて、生の白菜(生のネギはきつい。。)と明日の行動食で飢えをしのいで就寝。。。

さらに一晩吹雪が続き、クフタイベックの隙間から雪が入り寝袋が雪に埋もれる、というおまけ付き。。。おそらく秒速20m以上の風が吹いていたがクフタイベックは問題なく飛ばされず耐えた(ちょっと不安だったけど)。

本当に色んな意味で勉強になった冬の上高地でした。。。

冬の上高地

釜トンネルから大正池田代橋| 河童橋| 坂巻温泉地図&交通




「河童橋 冬の上高地で飢えをしのぐ | 長野県松本市」を見た方はこれらも見ています。
冬の硫黄岳(八ヶ岳) 地図&交通 | 長野県茅野市
常念岳燕岳縦走 胸突八丁 | 長野県松本市
木曽駒ヶ岳 馬ノ背 | 長野県駒ヶ根市
穂高岳 前穂高岳 | 長野県松本市
白馬三山 杓子岳 | 長野県白馬村
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

コメントの投稿

非公開コメント

Booking.com
ibex
最新記事
カテゴリ
Inov8
RSSリンクの表示
リンク
ベスト10
白馬三山
白馬三山
燕岳
常念岳~燕岳縦走
南八ヶ岳縦走
南八ヶ岳縦走
雲ノ平
雲ノ平縦走
槍ヶ岳
槍ヶ岳
天狗岳
天狗岳
穂高岳
穂高岳
屋久島
屋久島
直島
直島
尾瀬
尾瀬
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。