スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

REVIVEX(レビベックス) ダウン用洗剤 レビュー

    このエントリーをはてなブックマークに追加   

REVIVEX(レビベックス) ダウン用洗剤




REVIVEX(レビベックス) ダウン用洗剤
一年を通してダウン素材は大活躍をする。軽くてかさばらないというのが魅力。特に寝袋(シェラフ)とダウンジャケット、ダウンパンツなどは一年中大活躍。
一年中使っていると、汚れや臭いが気になり、またダウンのロフトも気になる。そこで春先にダウンを洗う事に。

まずはダウン用の洗剤を探す。ダウン用の洗剤でよく見るのはNIKWAX(ニクワックス) LOFT ダウンウォッシュ EBE191、Granger's(グランジャーズ)Gダウンクリーナー、REVIVEX(レビベックス) ダウン用洗剤の3種類。今回はコストパフォーマンスが高く(1,260円で衣類14枚、または寝袋3枚が洗えるのは魅力的)モンベルが代理店ってこともありREVIVEXダウン用洗剤に決定。

モンベルU.L.スーパースパイラルダウンハガー#3
そして次に洗うもの、モンベルU.L.スーパースパイラルダウンハガー#3(寝袋×1枚)、モンベルU.L.ダウンジャケットパタゴニアメンズウルトラライトダウンフーディ(ダウンジャケット×2枚)、ナンガポータブルダウンパンツ(ダウンパンツ×1枚)の合計4枚。

ちなみに、洗濯環境は都内で一人暮らしのため広くはない。洗濯機はドラム式ではなく縦型。乾燥機は無し。ただし、浴室乾燥室がある。この条件で一度に全てを洗う事は難しいと判断し、まずはモンベルU.L.スーパースパイラルダウンハガー#3(寝袋)を洗ってみる事にした。

筒型くずよけネット
洗濯ネットにモンベルU.L.スーパースパイラルダウンハガー#3(寝袋)を入れる。この洗濯ネットは洗濯王子こと中村祐一氏が考えたレック 筒型くずよけネットで、サイズが径40cm×高55cmと大きく、また筒型なのでモンベルU.L.スーパースパイラルダウンハガー#3を入れるのにちょうど良い。

寝袋を洗濯機で洗う
縦型の洗濯機に最大水位まで水をはり、REVIVEXダウン用洗剤をキャップ24杯(120ml)入れる。キャップが小さいので24杯入れるのはやや面倒。もう少しキャップを大きくすれば良いのにと思いながら24杯入れ終わる。軽くかき混ぜたあと、洗濯ネットに入れたモンベルU.L.スーパースパイラルダウンハガー#3を洗濯機に入れる。
当然、ぷかぷか浮くので、手で何度も何度も水の中へ押し込む。完全に沈む事はないが、しばらく繰り返せば水面まで沈む。で、試しに洗濯機をまわしてみたが空回り。当然か。
そこで手のひらで、やさしく押し洗いする。それを何度も繰り返すと水が汚れてくる。洗ったなっと思ったところで(主観ですが、、)洗濯機ですすぎと脱水を2回繰り返して完了。

浴室乾燥機で寝袋を乾かす
洗ったらすぐに、浴室乾燥室に平干しネットを広げ、その上に心配なくらいに縮こまったモンベルU.L.スーパースパイラルダウンハガー#3を広げる。平干しネットはドライネットW F6758で二枚並べればちょうどモンベルU.L.スーパースパイラルダウンハガー#3を広げられる。収納もコンパクトになるので意外と便利。メリノウール素材を洗った時などもこの平干しネットで乾かしてます。
なお、乾燥機があれば低温で乾燥させるのが一番よいとのことです。

平干しネット
浴室乾燥室で乾燥させ始め6時間後、まだまだダウンが湿っており、12時間後にやっと乾燥し始めた(写真)、ただし場所によってダウンの塊がある。完全に乾燥出来たのが20時間後。丸一日の作業でした。その後は室内で自然乾燥させ完了。

モンベルU.L.スーパースパイラルダウンハガー#3を洗う前
洗う前のモンベルU.L.スーパースパイラルダウンハガー#3のロフト。

モンベルU.L.スーパースパイラルダウンハガー#3を洗った後
洗濯後のモンベルU.L.スーパースパイラルダウンハガー#3はあきらかにロフトが2.5倍ほどふくれあがり、汚れも臭いもすっきり。大満足な結果でした。

< 洗剤:REVIVEX(レビベックス) ダウン用洗剤 >
楽天市場の方が安い。
amazonでの価格
楽天市場での価格
< 洗濯ネット:レック 筒型くずよけネット >
送料を考えるとamazonの方が安い。
amazonでの価格
楽天市場での価格
< 平干しネット:ドライネットW F6758 >
amazonの方が安い。
amazonでの価格
楽天市場での価格




「REVIVEX(レビベックス) ダウン用洗剤 レビュー」を見た方はこれらも見ています。
kahtoola(カトゥーラ) Mountain Snowshoes MTN 24 レビュー
レビュー:LA SPORTIVA(スポルティバ)Trango Guide(トランゴ ガイド) GTX
レビュー:SOTO Pocket Torch(ポケトーチ)
レビュー:スノーピークアンブレラUL
レビュー:モンベル EXライトダウンジャケット(mont-bell EX LIGHT DOWN JACKET)
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

コメントの投稿

非公開コメント

Booking.com
ibex
最新記事
カテゴリ
Inov8
RSSリンクの表示
リンク
ベスト10
白馬三山
白馬三山
燕岳
常念岳~燕岳縦走
南八ヶ岳縦走
南八ヶ岳縦走
雲ノ平
雲ノ平縦走
槍ヶ岳
槍ヶ岳
天狗岳
天狗岳
穂高岳
穂高岳
屋久島
屋久島
直島
直島
尾瀬
尾瀬
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。