スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

ローカスギア クフ・タイベックを張りに行く Khufu Tyvek | 東京都丹波山村

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
ローカスギア クフ・タイベックを張りに行く

三條の湯
  |
◆ Khufu Tyvek
  |
飛龍山
  |
禿岩
  |
地図&交通

Khufu Tyvek


2012年、冬山へは山小屋を利用していたが、2013年、冬山へテント泊をしようと決めた。いつも使っているビッグアグネスフライクリークUL2では冬期は心配なので、ローカスギア(LOCUS GEAR)のクフ・タイベック(Khufu Tyvek)を購入することを決めた。合わせてモンベルのU.L.スーパー スパイラルダウンハガー #1も。
非自立式でフロアレスのテントは初めてで色んな意味で使いこなす自信が無かったけど便利な物より工夫次第で色んな可能性を秘めた道具の方がやっぱり面白いだろうという安易な考え。。でもこの考え方って必要だし楽しみが増える。


テント泊を申し込む
三条の湯でテント泊を申し込み、テント場へ下る。

ペグダウン
クフ・タイベックを地面に広げ、四隅をペグダウン。
しかし地面が緩いためしっかりとペグダウン出来ない。。
早速、工夫が必要となる。

クフ・タイベック
苦戦しなんとか、クフ・タイベックを立ち上げる事に成功。
やや不格好だけど。まずは合格かな。。。

デュアル・ポール・ティップ・エクステンダー
中はこんな感じで、
デュアル・ポール・ティップ・エクステンダーとCP2 FLを利用してA型に設営。
かなりの広さ。ビッグアグネスフライクリークUL2の1.5倍ほど?

U.L.スーパー スパイラルダウンハガー #1
防寒用のSOL ESCAPE Bivvy
モンベルのU.L.スーパー スパイラルダウンハガー #1を敷き設営完了!

Khufu Tyvekデビュー
日も暮れ始め、なんとかKhufu Tyvekデビューを果たす。

この日は12月下旬と言うのに気温が2,3度ありモンベルのU.L.スーパー スパイラルダウンハガー #1は暑すぎた。クフ・タイベックで1晩を過ごし、フロアレスの良さを知った。

ローカスギア クフ・タイベックのレビュー

ローカスギア クフ・タイベックを張りに行く

三條の湯| Khufu Tyvek| 飛龍山禿岩地図&交通




「ローカスギア クフ・タイベックを張りに行く Khufu Tyvek | 東京都丹波山村」を見た方はこれらも見ています。
春、東京
雲取山 雲取山 山頂 | 東京都奥多摩町(山梨県&埼玉県)
原宿 東郷神社 | 東京都渋谷区代々木
カタクリの群生 御前山(ごぜんやま) | 東京都奥多摩町
高尾山 地図&交通 | 東京都八王子市
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

コメントの投稿

非公開コメント

Booking.com
ibex
最新記事
カテゴリ
Inov8
RSSリンクの表示
リンク
ベスト10
白馬三山
白馬三山
燕岳
常念岳~燕岳縦走
南八ヶ岳縦走
南八ヶ岳縦走
雲ノ平
雲ノ平縦走
槍ヶ岳
槍ヶ岳
天狗岳
天狗岳
穂高岳
穂高岳
屋久島
屋久島
直島
直島
尾瀬
尾瀬
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。