スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

後生掛温泉 東北紅葉ハイキング | 岩手県秋田県青森県

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
東北紅葉ハイキング

大釜温泉
  |
乳頭山
  |
黒湯温泉
  |
蟹場温泉
  |
玉川温泉
  |
蒸ノ湯温泉
  |
八幡平
  |
◆ 後生掛温泉
  |
酸ヶ湯公共駐車場
  |
仙人岱の八甲田清水
  |
八甲田山大岳
  |
赤倉岳
  |
宮様コース分岐
  |
毛無岱
  |
酸ヶ湯温泉
  |
地図&交通

後生掛温泉


八幡沼奥の源太森を目指す。時間があれば茶臼岳まで行きたかったがそれはこの次の楽しみとしてとっておく。一度にすべてを得るよりは楽しみを置いておくのが好きだ。
源太森まで行けば一度八幡平山頂レストハウスに戻り食事。その後、お楽しみの温泉だ。温泉は選び放題、昔はいった藤七温泉に、蒸ノ湯温泉、後生掛温泉、大深温泉、丸沼温泉。これだけあると本当に悩む。そして全てが個性的だし。どうしようか。


木道が無くなる
八幡沼を過ぎると、木道がなくなり、さらにてくてく行けば、

源太森の分岐
源太森の分岐。

源太森の山頂
急な斜面を少し登れば源太森の頂上へ。

360度の景色
源太森からは八幡沼など360度の景色が楽しめる。

八幡沼
一旦、八幡沼へ戻り、

気持ちの良いトレイル
気持ちの良くてくてくと、

渋滞
しかしこの渋滞。紅葉の季節だから仕方ないか。

八幡平頂上レストハウス
八幡平頂上レストハウスから岩手山を眺め、

カレー
お約束になりつつある、カレーを食べる。

後生掛温泉
そして、本日の温泉、後生掛温泉。

後生掛温泉の建物が登山道
後生掛温泉の建物が登山ルートとなっている、面白い温泉。

この入口から入る
一旦建物中に入り、

この出口から出る
ここから出て行く。

この道を行けば玉川温泉
そして、橋を渡り、登山道を行けば、玉川温泉へ。

後生掛温泉は盛りだくさん
後生掛温泉は楽しい温泉。
なぜなら、蒸し風呂に泥湯、滝湯、神経痛の湯、火山風呂、露天風呂と盛りだくさん!





「後生掛温泉 東北紅葉ハイキング | 岩手県秋田県青森県」を見た方はこれらも見ています。
蒸ノ湯温泉 東北紅葉トレッキング | 岩手県秋田県青森県
後生掛温泉 東北紅葉ハイキング | 岩手県秋田県青森県
黒湯温泉 東北紅葉ハイキング | 岩手県秋田県青森県
玉川温泉 東北紅葉ハイキング | 岩手県秋田県青森県
乳頭山 東北紅葉トレッキング | 岩手県秋田県青森県
「トムの追記」
最近の登山はすっかりULになってしまったトラベルトム。バックパックはグラナイトギアか山と道を背負い、衣食住の衣に関してはアウトドアリサーチのキャップを被り、ibexやスマートウールやパタゴニアの半袖のメリノウールTシャツにアークテリクスやノースフェイスの速乾性の短パン。腕や脹脛はもはや露出。靴下はスマートウールの5本指。靴はスポルティバ ラプター。それからファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュも欠かせない(最近効果があるのかなと思いつつも。。)。
食に関してまずは道具。アルコールストーブのTrail Designs Caldera ConeとEvernewのチタンクッカーの組み合わせ。今シーズンはアルコールストーブでの調理方法に悪戦苦闘。カップなどの食器はジップロックコンテナ。食材は二泊三日程度なら野菜や肉やワインなどを持ち運び楽しむ。そこだけは軽く出来ない!
住に関してはテントがビッグアグネス、マットが山と道、シェラフはモンベル。
全て身に着けて8kg弱。まだ軽く出来る要素はあるけれどまずはこのくらいで止めておこうかと。

コメントの投稿

非公開コメント

Booking.com
ibex
最新記事
カテゴリ
Inov8
RSSリンクの表示
リンク
ベスト10
白馬三山
白馬三山
燕岳
常念岳~燕岳縦走
南八ヶ岳縦走
南八ヶ岳縦走
雲ノ平
雲ノ平縦走
槍ヶ岳
槍ヶ岳
天狗岳
天狗岳
穂高岳
穂高岳
屋久島
屋久島
直島
直島
尾瀬
尾瀬
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。